〜心と羅針盤〜

対人援助に関わる方、思考・行動に変化を求める方に向け、教育業界10年以上の経験と、心理学・脳科学の視点を取り入れた「学習」「教育」「コミュニケーション」について発信しています。

願った反応が返って来ないときは

相手のために、

 

喜んでもらいたい

 

力になりたい

 

って思って行動しても、

 

相手の反応が望んだ結果じゃないときはある。

 

その時、

 

相手の反応に意識を向けすぎちゃってると、気持ちが下がる。

 

だから、

 

相手の反応よりも、自分が行動したことをほめる。

 

勇気を出した自分を尊敬する。

 

そっちに意識が切り替わると、

 

気持ちを上げられる。

 

それだけだと自分本意な行動になるかもしれないけど、

 

普段から

 

「相手のために」

 

って思えてる人は、よっぽど相手のためにって考えちゃうから、

 

それくらいがちょうどいい。