〜心と羅針盤〜

対人援助に関わる方、思考・行動に変化を求める方に向け、教育業界10年以上の経験と心理学を取り入れた「教育」「コミュニケーション」について発信しています。#スクールマネージャー #カウンセラー #コンサルタント

全部ひとりでやらないほうがいい

仕事で、

 

力のある人ほど全部ひとりでやろうとしちゃう。

 

自分がやった方がはやいから、

 

自分がやった方がうまくいくから、

 

って。

 

でも、

 

それだと周りはいつまでたっても育たないし、

 

長所を活かす「出番」がなくなる。

 

出番がなくなれば、その人はやりがいと自分の価値を見出せなくなる。

 

そんな職場でみんなが活きいき輝くのは無理だと思うんだよね。

 

だし、

 

ひとりで背負ってやってると気持ち的にも体力的にも限界がくる。

 

だから、

 

誰がどんな力を持ってるか、どんな力が眠ってるのかを常に徹底的に見つける。

 

その上で、お願いする。

 

お願いって大切。

 

わたしはもともとできる人じゃなかったから、周りの力を借りるしかなくて、運良くこれができた。

 

でも、だからこそ実績もついてきたって思う。

 

みんながそれぞれの長所を活かせて、輝ける居場所をつくる。

 

だから人が集まって、

 

ひとりじゃ見れない光景が観られる。

 

みんなと一緒に。

 

最高じゃん。