〜心と羅針盤〜

思考・行動に変化を求める方、対人援助に関わる方に向け、教育業界10年以上の経験と、心理学・科学を取り入れた「教育」「コミュニケーション」を主に発信しています。#学習塾マネージャー #コンサルタント #メンタルコーチ

読書の必要性

読書って、

 

その人に会わなくても、その人の考えと経験に触れることができる。

 

今はもう会えない過去の偉人にも会うことができる。

 

しかも、

 

本は著者が何回も何回も読む人に伝わりやすいように書いてるから、内容も研ぎ澄まされている。

 

同じことをグルグルと考えて抜け出せないときも、解決策が書いてある本はよっぽどある。

 

ニュートンが、

 

「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです」

 

と言っている。

 

意味は、

 

「先人の積み重ねた発見があるからこそ、それに基づいて新しい何かを発見することができる」

 

ということ。

 

本から学ぶことで、自分一人でなく、背景に自分を支えてくれるたくさんの味方をつくることができる。