〜心と羅針盤〜

対人援助に関わる方、思考・行動に変化を求める方に向け、教育業界10年以上の経験と、心理学を取り入れた「教育」「コミュニケーション」について発信しています。#スクールマネージャー #カウンセラー #コンサルタント

人間の行動目的

人間の行動目的は、どんなときも

 

「所属」

 

に向かう。アドラー心理学の考え方。

 

所属とは、自分には居場所があるということ。

 

だから、

 

自分勝手な行動も、

 

攻撃的な態度やいじめも、

 

不登校も、

 

そうすることで、必死に自分の居場所を作ろうとしている。

 

自分勝手にすれば誰かが注目してくれるし、

 

相手を攻撃すれば自分の力を誇示できるし、

 

学校に行かなければ親の関心を得られるから。

 

でも、それを続けるとだんだんつらくなる。

 

それは、

 

適切な行動「みんなのため」でないから。

 

誰かのために行動するから、相手から良い反応が返ってきて、結果幸せにつながる。

 

このとてもシンプルな原理が働かないから。

 

※学校に行くことは、勉強と人間関係を通して知識と教養を身につけ、将来、世のため人のためになるための準備だから、これも結果「みんなのため」。

 

けど、

 

適切な行動を知らないから、

 

知っててもうまくできないから、

 

不適切な行動にはしる。

 

みんな誰かに嫌がらせをしたいんじゃなくて、

 

居場所がほしいだけ。

 

やり方が適切じゃないだけ。

 

だから、

 

一人ひとりが、お互いが所属できるように考え、行動したい。

 

人の適切な行動を見つけ、それを伝え、ときにはどうしたら良いかを話し合い、適切な行動で所属できるようにお互いが「協力」する。

 

そうしたら、

 

大抵の悩みは解決すると思う。