〜心と羅針盤〜

思考・行動に変化を求める方、対人援助に関わる方に向け、教育業界10年以上の経験と、心理学を取り入れた「教育」「コミュニケーション」について書いています。

スタッフの才能

普段仕事をしていて思うことなんだけど、

 

みんなすごい!

 

入社してまだ右も左もわからない中、最初の研修が終わって実戦に入り、一・二か月でもう一人前の働きをしてくれるようになる。

 

やっぱり、どんな人でも「才能」は必ずある。

 

こちらは知識や経験、想いを伝え、あとは一人ひとりのスタッフが、最終的に向かう方向性がそろうように舵取りをするだけ。

 

なるべく、スタッフには意図や目的を頭と心で理解してもらい、その人の中にあるものに訴えたい。

 

「やってみたい」

「必要だな」

 

って思ってもらいたい。

 

スタッフに才能がないと思って接すると、可能性が見いだせなくなる。

 

才能は絶対ある、

 

だからこそ、まだまだそんなものじゃないっていう風にも思える。

 

間違えちゃいけないのは、目の前にいるスタッフは今その瞬間で十分素敵だってこと。

だから否定は極力したくない。

 

でも、この先の可能性は数えきれない。