〜心と羅針盤〜

教育業界10年以上。学習塾教室長/メンタルコーチが発信する「教育」「対人援助」「人材育成」のメソッド。

何をやるかも大切だけど、誰とやるか

自分の適性や好きなことを仕事にするのは大切だけど、 きっと最後は誰とやるか。 想いや考えが同じ方向性の人と、 やりがいを感じるときも、 楽しいときも、 辛くてやってられないときも、 誰と共有するかで仕事の質もプライベートも変わる。 職種やスキルだ…

学ぶ範囲

教育、経済、政治、心理学、マーケティングなど、 さまざまな学ぶジャンルがあるけど、 基礎知識はどの分野でも身に付けておいた方がいい。 社会に出ると多くの人と交流する場があり、会話のできる範囲からその人の信用が生まれる部分もあるから。 そして、 …

読書の必要性

読書って、 その人に会わなくても、その人の考えと経験に触れることができる。 今はもう会えない過去の偉人にも会うことができる。 しかも、 本は著者が何回も何回も読む人に伝わりやすいように書いてるから、内容も研ぎ澄まされている。 同じことをグルグル…

アドバイスをするときは

人にアドバイスをするときに大切なのは、 自分のことは、 棚にあげる。 自分もできていないから・・・ 自分も昔そうだったから・・・ そういう人は優しいと思う。 でも、 それで相手にいいことある? 自分ができないことでも、 「こうした方がいい」 ってい…

依存とは

依存って、 1人(だけ)に頼ること。 1人だけに頼るから、その人との関係がうまくいかなくなると、 「もうだめだ」ってなって苦しくなる。 頼られる側も、それがずっと続くと苦しくなる。 自分がいなきゃだめになってしまう人を見るのは苦しいから。 ※ほんと…

優しさって

優しさって、 相手の将来にプラスになることをすること。 できれば、それを受け取った瞬間の相手の気持ちが ・0かプラス であると望ましい。 受け取った瞬間に相手の気持ちがマイナスになるのは、相手を一瞬でも「不幸」にしてしまってる。 だから、 「この…

うまくいかないときは

うまくいかないとき、 取れる選択肢は 1.同じやり方でやり続ける 2.違うやり方でやる の2つだと思う。 1の場合、そのやり方で現状うまくいってないんだから、同じ結果が想定される=うまくいかない可能性が高い。 2の場合、やり方を変えることで違う結果が…

やり続けなきゃ鈍る

勉強も、 コミュニケーションも、 どんなことも、やり続けなきゃ鈍る。 気を付けたいのは、 「もっとうまくなったらやろう」として 学ぶことだけに集中してしまうこと。 その期間が長ければ長いほど、今までできていたこともできなくなる。 だから、 成長の…

真似をすることの大切さ

「あの人みたいになりたい」 って思ったら、 徹底的に真似る。 話し方だったら、言葉づかい、声の大小・高低、間、内容の構成、表情、ジェスチャー。 身なりだったら、髪型、服の色・サイズ、持ち物(時計のゆとり加減なども)、組み合わせ方、清潔感の表し…

アウトプットを前提に学ぶ

どんなことも、 学んだだけだと忘れてしまう。 だから、 積極的にアウトプットしたほうがいい。 勉強であれば問題を解く、本であれば内容を誰かに話したりブログに書く。 アウトプットを前提にすることで、頭の中で整理しながら学ぶことができ、 「書く」 「…

「相手を変える」か「自分を変える」か

自分が変われば、相手も変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。 自分が変わらずに、相手が変わることもあるけど、それだといつになるかわからない。 どんな時も、触れるのは自分だけだから、 「自分を変える」ほうが手っ取り早い。 相手が変わるの…

「すべきこと」と「すべきでない」こと

最近、 「したいこと「だけ」しよう」 「したくないことはやめよう」 っていう風潮があるけど、 ちがうでしょ。 したい、したくないを基準に動くなら動物と同じ。 それだと社会がめちゃくちゃになる。 人の行動基準は、 「すべきこと」をして、「すべきでな…

テクニックよりも「構え」

教育も、 コミュニケーションも、 色んなテクニックがあるけど、大事なのは「構え」。 いくらテクニックを磨いても、その土台が「競合的(注目関心を引く、権力争い)」であれば意味がなくなる。 どれだけ「協力的」であるか。 自分の持っているリソース(役…

完璧を目指すけど、完璧じゃなくていい

どんなことも、 やるからには完璧を目指したい。 「完璧なんてない」 そんなことは知ってる。 でも、 プロとしてやる以上、 完璧を目指すべきだと思う。 「完璧じゃなくていい」 って思うのは、 やり終わって反省するとき。 その時は、 「頑張ったね。完璧じ…

人間の行動目的

人間の行動目的は、どんなときも 「所属」 に向かう。アドラー心理学の考え方。 所属とは、自分には居場所があるということ。 だから、 自分勝手な行動も、 攻撃的な態度やいじめも、 不登校も、 そうすることで、必死に自分の居場所を作ろうとしている。 自…

マイナスの感情の使い方

マイナスの感情も、 自分に必要なことを教えてくれる。 感じるのが辛いからすぐに手放したくなるけど、 怒りは自分の大切にしている価値観を教えてくれるし、 悲しみがあるから反省ができる。 寂しさがあるから人の温かさがわかるし、 劣等感があるから努力…

その人の背景を想像する

いつも明るい人は、 その明るさを好きになってくれた人がいたのかもしれない。 物を作るのが好きな人は、 「すごいよ」って褒めてくれた人がいたのかもしれない。 自分の気持ちを表現できる人は、 表現した気持ちを受け入れてくれた人がいたのかもしれない。…

あぁ、良かった。

親父の手術、 9時間かかって、悪いところ全部取れた。 手術室から出て、麻酔がまだ効いてる中で、 おかあがおやじの手を握って、 「悪いところ全部取れたって」 って言ったら、 「どっか連れてってやる」 って。 よくケンカしてるし、いつもそんなこと言わな…

正当防衛

誰かから、「傷つける目的」の攻撃を受けたら、 誰も完璧じゃないから、間違えて相手を攻撃してしまうこともあるあるかもしれない。 でも、 それが故意に続いたら、 大切な人を守るため、 大切な居場所を守るため、 大切な自分を守るため、 怒る勇気は持って…

今ここに集中する

うまくいった経験、 失敗した経験、 いいなって思っていた人、 いやだと思っていた人、 「今」も本当そうなのか?って考えることは必要。 今までのやり方は通用しないかもしれないし、次はうまくいくかもしれない。 あの頃とは変わってしまったかもしれない…

なぜ素直が成長につながるか

素直は人は、とりあえずやってみる。 だから、行動が多くなる。 そうすると、 失敗も多くなる。 失敗すると、 たくさん考える。 だから、 それに対する対策がたくさん生まれる。 だから、 いつも否定してやらない人とは比べ物にならないほど、 成長する。

ブログを書く理由

ブログを書く理由は、 「アウトプットを前提として学ぶことで、吸収力が上がるから」 「アウトプットをしないと記憶に残らないから」 「考えていることを言葉にすることで、頭の中を整理できるから」 「人に見られると思うことで、適当な内容を書けないから…

残り1ヶ月半

カレンダー見たら今年もあと1ヶ月半。 今年もたくさんの出会いがあった。 色んなタイミングで思うのは、 人は何かをしてもらえなかったときじゃなくて、できなかったことから後悔が生まれる。 だから、 いつも関わってくれる人に今できる最善で関わりたい。 …

誰のためか

「この人に◯◯してあげたい」 って、 相手のためを考えた素敵な気持ち。 そして、自分が 「そうしたい」 って思ってる自分の気持ち。 深いところでは自分のためでもある。 これを知ってないと、 「これだけしてあげたのに、どうして応えてくれないの」 「あな…

プログラム(思い込み)のアップデート

「あの人は信用できる」 「私は必要とされている」 「あの人には能力がない」 「自分は仕事ができない」 というように、人には日々の経験からたくさんのプログラム(思い込み)が作られる。 プログラムは、 ※感情が動いた経験 ※繰り返し によって作られ、生…

なぜ学ぶ(勉強する)のか

生徒から、 「なんで勉強しなきゃいけないの?」 って言われるときがある。 うん。 おれもそう思ってたよ。 でね、勉強って 「肯定的な解釈をする練習」 なんだ。 同じ環境なのに、幸せを感じてる人もいれば、不満を感じてる人もいる。 なんで感じる感情が人…

怒りの感情を使わない

子どもに対して、 友だちに対して、 パートナーに対して、 怒りの感情を使っても、待ってる結果は「依存」か「反発」。 ※真剣と怒るは違う 怒りの奥にある気持ちを相手に伝えることが大切。 わかってほしい こうしてほしい こうしてほしくない 怒りの奥にあ…

忘れにくい記憶(長期記憶)の仕組み

脳は入力された情報を、1〜2週間 「海馬」 で一時保存(短期記憶)します。 そして、その期間に2〜3回引き出された記憶が 「側頭葉」 にいき、忘れにくい記憶(長期記憶)となって保存されます。 勉強をする際、このことを覚えておくだけで効果は圧倒的に変…

そのとき必要だと思ったことを

頭の中で、 よし!次はあの人に対してこういう風にコミュニーケーションを取ろう!! って考えて、行動しようとすると動かなくなる時がある。 相手が、想定と違った表情だったりしたとき、準備してた方法でコミュニーケーションを無理やり取ろうとするとうま…

勇気とは

勇気って、一か八かでやってみることじゃない。 とんでもない覚悟をして、思い切ってやることともちょっと違うと思う。 「うまくいった過去の経験を思い出して、やってみること」 「うまくいってる人がいることを知って、やること」 「人の可能性を知って、…