〜心と羅針盤〜

教育業界10年以上の経験と、心理学を取り入れた「教育」「コミュニケーション」について発信しています。

経験と新しい知識

人は経験を重ねると、 成功体験が生まれ、良くも悪くもその場所の居心地が良くなり(コンフォートゾーン)、 そこを抜け出すのをやめる。 そうすると、 挑戦が減り、成長がなくなる。 このことを知っている人は、 その時点で人や本から新しい知識を吸収する…

今世でやりたいこと

自分の今持っているものと、 これから手に入れるもので、 自分が守りたい人たちと、 必要としてくれる人たちのためになりたい。 そのために命の時間を使う。

「けど」をプラスに使う

やりたいけど、自信がない。 やらなければいけないけど、気分が乗らない。 頑張ってるけど、うまくできないときが多い。 これ、 「けど」のあとにマイナスがきてる。 で、 このマイナスがやらない理由を作ってしまって、行動ができない。 だから、 この「け…

苦手なものほど得意なもの

人間関係が苦手、 人前で話すのが苦手、 細かい作業が苦手、 苦手って人それぞれあると思う。 で、 それって未来の自分の得意。 苦手だからこそ、 誰よりも悩んで、探求し、考え、変えようとして行動する。 だから、 気づいたら人よりも得意になってる。 人…

選択肢が多すぎて動けないときは

たくさんの経験と学びから、 取れる行動の選択肢は増える。 でも、 選択肢が増えれば増えるほど、いざとなった時にどの行動をすれば良いのかがわからなくなる。 で、結果動けなくなる。 だから、 自分の中に引き出しは増やすけど、 いざなったときに使う選択…

苦あれば楽あり、楽あれば○○あり

好きじゃない言葉がある。 「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」 これさ、 呪いをかけてるのと同じだ思うんだよね。 苦あれば楽あり は、いいと思う。辛いときに前を見て頑張れるから。 でも、 楽あれば苦あり って、楽がきても次の苦に怯えることになる。 人…

行動の判断基準

行動の判断基準は、 とてもシンプル。 「世のため人のためになるか」 これを軸に理性で考えて行動する。 この軸がないと、 理性は自我を満たすために働いてしまい、周りにマイナスの影響を与える。 周りにマイナスな影響を与えれば、マイナスの影響が返って…

願った反応が返って来ないときは

相手のために、 喜んでもらいたい 力になりたい って思って行動しても、 相手の反応が望んだ結果じゃないときはある。 その時、 相手の反応に意識を向けすぎちゃってると、気持ちが下がる。 だから、 相手の反応よりも、自分が行動したことをほめる。 勇気を…

相手に伝わるためには

やり方、 想い、 考え、 これが大切っていうものを相手に伝えるためには、 伝える側が「どこまで思えているか」が大切。 どれだけいいことを言っても、 どれだけ流暢に話しても、 強く深く思えていなかったら 薄っぺらくて相手には届かない。

失敗して、また失敗して

うまくいかなくてやめちゃう。 怖いから、 恥ずかしいから、 傷つきたくないから うん、わかる。 怖いし、 恥ずかしいし、 傷つく。 めっちゃいや(笑) でも、 成功って、 どれたけ失敗して、どれだけ失敗パターンを手に入れ、どれたけ失敗を回避するパター…

全部ひとりでやらないほうがいい

仕事で、 力のある人ほど全部ひとりでやろうとしちゃう。 自分がやった方がはやいから、 自分がやった方がうまくいくから、 って。 でも、 それだと周りはいつまでたっても育たないし、 長所を活かす「出番」がなくなる。 出番がなくなれば、その人はやりが…

結果を出す人は

結果を出す人は、 取り組んでいることについて圧倒的に 「考えている時間」 が長い。 ・目標達成のためにはどうしたら良いか ・何が必要か ・それを手に入れるためにどれだけの資源が必要が ・いつまでにやる必要があるか ・誰のどういった助けが必要か ・ど…

holiday

I feel good. Learn English with this condition. I want to broaden my world.

自分の考えって

自分の考えを持ちなさい って、言われることがあると思うんだけど、 自分の考えを持つには、 「知識量・情報量」 がなきゃ絶対持てないと思う。 知識量・情報量を自分の中に増やすから、それが互いにつながり、初めて考えが生まれる。 例えば、 部下をマネー…

問題を起こす子どもの責任は誰にあるのか

子どもが、 家庭で問題を起こすのは、親の技量不足。 学校で問題を起こすのは、学校の技量不足。 塾で問題を起こすのは、塾の技量不足。 この意識を持てなくては、子どもの行動を変えることはできないと思う。 家庭で問題を起こすのは学校の先生のせい 学校…

理屈がわかっていないとうまくいかない

何ごとも、 「まずはやってみよう」 はうまくいかない。 どんな行動も、 ・なぜそれをやる必要があるのか ・どうやってやればよいか&どうしてそのやり方が良いのか を理解すること。 そうすることで、目的が明確になるから必要性を感じることができ、やり方…

2月も終わり

今月はほんと頑張った。 疲れたけど、全然悪い疲れじゃない。 そう、年始に立てた目標は、 「自分を使い切ること」 さて、明日からも使い切る。

責める自分と責められる自分

失敗したとき、 自分の中に 「責める自分」と「責められる自分」が両方いると思うんだけど、 責められる自分の方が「自分」って思うと辛くなる。 で、責める自分を排除しようとするとさらに辛くなるし、なかなか排除できない。 そうじゃなくて、 責める自分…

もったいない

ファミレスで仕事してたら、 30~40代くらいの隣の客2人が 「明日の仕事もだるいけど、後輩の○○をほめておだてておけばやる気になるから楽だわ~」 ってゲラゲラ笑って言ってたけどさ、 ほめるってそんな動機でするもんじゃねーよ。 相手に自信をもってもら…

〇〇だとしたら

行き詰ったとき、 変化を求めるとき、 〇〇だったらどうするかを考えてみる。 そうすることで、普段の自分の思考・行動パターンから抜け出せる。 気持ちが沈んでしまう場合は、いつも明るくてポジティブな〇〇さんならどうするかを考えてみる。 いつも誤解を…

学習塾の必要性

学習塾の必要性は、選ぶ子ども・保護者に 選択肢=自由 があること。 合意のある状態で進めることができるから、子どもは自分の決断に責任を持つことができるし、自分に必要な教科を選べるから時間の無駄がなくなる。 そして、塾側は他塾との競争でクオリテ…

協力できる部分を

勝ち負けよりも、 正しい間違ってるよりも、 目的に向かって、誰とどんな風に協力できるか。 不完全だから、得意を活かして協力しあえる。

あと少し

今年も、大学4年生の先生がもうすぐ卒業。 開校からこの教室を支えて、一緒にやってきた大切な仲間。 一緒に働く中で、 この子たちにどんなプレゼントができたかな。 通ってくれる生徒の夢を一緒に考え、進んでいく充実感。 組織で働くのうえでのルールや責…

できていることも学ぶ理由

できていること、やっていること も学ぶ理由は、 「説明できるようにするため」 というのが大切な理由の1つ。 自分はできても、 周りに教えたりアドバイスするには、その人に合った伝え方や例えが必要になる。 だから、 いろんな人や本から、色々な説明の仕…

変化ばかりが成長じゃない

もっと変化しよう って、大切。 でも、 変化ばかりを求めると、変化しないことが怖くなる。 変化しなければ衰退する 変化しなければ追い抜かれる って、強迫観念から常に動くようになったら一旦止まってみる。 そうしたら、上手くいったやり方を続けることを…

ティーチングとコーチング

対人援助や教育において、 ティーチング(教える)とコーチング(引き出す)はどちらも使った方がいい。 相手に知識と経験がないない場合には、 ティーチングで基礎を作ったほうが、その後の成長が速い。 相手にある程度の知識と経験がある場合には、 コーチ…

悔しさから学ぶ

この前の日曜日、 昨年優勝した中部の面談ロープレ大会がありました。 結果は、準優勝。 決勝の相手は昨年と同じ。 あー 久しぶりに悔しくて泣いたなぁ。 でも、 自分でも満足いく内容でやれなかったので、 これでよかったと思う。 いつも、 しぬほど悔しか…

「形」にとらわれない

○○になりたい って、とても大切だと思う。 でも、 もっと大切なのは、 「どうしてなりたいか」 人とコミュニケーションを取ることが好きだから 教えることが好きだから パソコンが得意だから 物を作るのが好きだから っていう、価値観を分析すること。 そう…

その先を考える

行動をしたその先、 しなかったその先、 うまくいったその先、 失敗したその先、 相手はどんな気持ちになって、その気持ちがその人の周りにどんな影響を及ぼすのか。 自分はどんな気持ちになって、その気持ちがその人の周りにどんな影響を及ぼすのか。 その…

なぜ何度も同じ話をするのか

「その話この前も聞いた」 って思う時、いつも振り返るようにしてるのは 「しっかり相手の話を聞けていたのか」 ということ。 途中で自分の話にすり替えていなかったか。 別のこと考えながら聞いていなかったか。 きっと、 何回も同じ話を相手がするのは、 …